ウイルス対策には手洗いが効果的

新型コロナウイルス感染拡大で安倍首相が緊急事態宣言|次亜塩素酸水の無料配布を行う自治体も

安倍首相が緊急事態宣言|7都府県対象、効力5月6日まで

4/7、新型コロナウイルス感染者数が東京・大阪など中心に都市部で急速に拡大していることを受け、安倍総理大臣は、東京・大阪など7都府県を対象に、「緊急事態宣言」を行いました。

対象地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡となります。宣言の効力は5/6まで。

安倍総理大臣は「新型コロナウイルス感染症は、肺炎などの重篤な症例の発症頻度が高く、国民の生命・健康に著しく重大な被害を与える恐れがある」

「感染経路が特定できない症例が多数に上り、急速な増加が確認されている」「病院の医療体制もひっ迫してきている」と述べました。

更に「全国的なコロナ蔓延で、国民生活および経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある事態が発生したと判断し、緊急事態宣言を発出する」と述べました。

また「緊急事態宣言は、海外で見られるような都市封鎖を行うものではない」

「公共交通機関など必要なサービスは可能な限り維持しながら、『密閉・密集・密接』の3つを防ぐことなどで、感染拡大を防止して行く対応だ」と強調しました。

「人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる

「大型連休が終わる5/6までの1か月間に限定して、7割から8割の削減を目指し、国民の皆さんには外出自粛をお願いする」と呼びかけました。

専門家「行動変えれば感染爆発防げる」「人との接触80%減で感染者激減」

感染症対策に詳しい東北医科薬科大学の賀来特任教授は「外出の自粛には、感染者数の急増を抑え、医療崩壊を防ぐという2つの意味がある」と語っています。

また、「他人との接触回数や外出を極力控えるなど、一人一人の行動変容が重要だ。行動を徹底的に変えれば感染爆発は防げる」と述べました。

日本医師会の横倉会長は「外出を控えて人との接触を80%減らすと、感染者が激減することが研究でわかっている」と説明しました。

国民一人一人が意識を変え、他人との接触回数・外出を極力控えるなどすることでコロナの感染爆発は防げる

緊急事態宣言でどうなる?|開いてる店・閉まる店(4/7)

緊急事態宣言によって私たちの生活はどう変わるのか?

東京都が休止の要請を検討している主な施設・店舗

東京都が休止の要請を検討している主な施設は、以下のような場所です。

  1. 大学・学習塾などの教育施設
  2. スポーツクラブ・体育館などの運動施設
  3. 図書館・博物館・美術館
  4. カラオケ・パチンコ店・ネットカフェなど、その他の娯楽施設
  5. キャバレー・ナイトクラブなどの風俗店

休止要請せず、通常通り営業している可能性が高い機関・施設・店舗

都が休止要請せずに、通常通り営業している可能性が高い機関・施設は、以下のような場所です。

  1. 電車・バスなどの公共交通機関
  2. 銀行などの金融機関
  3. スーパー
  4. 百貨店・ホームセンターは日々の生活に必要なものを売っている売り場のみ
  5. 衛生面などから公衆浴場
  6. 居酒屋を除く飲食店

各企業の対応について

百貨店については、東京都は食品、医薬品、生活必需品売り場は除いて休業要請を検討としています。

しかし、三越伊勢丹・松屋、ルミネは首都圏の店舗について4/8日から当面の間、休業を決めました。

学習塾の明光義塾は4/8から7都府県の教室を休校とする予定です。

都が管理する公園については、これまで通り一部施設は休止しますが、基本的に開園する方針です。

保育所については、東京都としてはこれまで通り一律の休園ではなく、登園の自粛や規模の縮小臨時の休園といったものを要請していく予定です。東京・渋谷区は独自に臨時休園を決めています。

コロナウイルス対策として次亜塩素酸水の無料配布を行う自治体も

新型コロナウイルスの感染予防のために「次亜塩素酸水」を無料配布する自治体も出ています。

静岡県島田市|保育園・幼稚園などに次亜塩素酸水の消毒液を無料配布

静岡県島田市は、新型コロナの感染拡大を防ぐため、市内の保育園・幼稚園・企業などに次亜塩素酸水の消毒液を無料で配り始めました。

コロナ拡大を受けアルコールなどの消毒液が全国的に品薄となっており手に入り難い状況が続いています。

そこで同市では、ウイルスの除菌・殺菌・消毒効果が期待される次亜塩素酸水を島田市役所で無料配布しています。

次亜塩素酸水は、手の消毒・ドアノブなど人が触れる場所を消毒する目的で使います。安全性が高く、直接触っても問題がないため、子供や老人がいる施設でも安心して使用できます。

今回の配布は、1回に500ミリリットルまでで、保育園・幼稚園などの場合は園児の数によって配る量を変えるとのことです。

児童クラブで働く女性は「児童クラブでは、消毒液が足りていない。次亜塩素酸水でテーブルを拭いたり、おもちゃを拭いたりしている」とのこと。

市は、用意した800リットルがなくなるまで配布を続けるとしています。

公式サイト:島田市の公式HP 

新型コロナ感染拡大で加古川市が次亜塩素酸水の消毒液を無料配布

4/6、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県加古川市は消毒効果のある次亜塩素酸水を公民館などで無料配布すると発表しました。

次亜塩素酸水は、手や指などの消毒に使えるほか、ドアノブ・手すりなどの除菌にも使えます。

無償配布する対象は、市内在住か在勤・在学者が対象。1人500ミリリットルまで配布、市内の学校・保育施設にも配ります

コロナ拡大を受け、市販のアルコール消毒液が品薄で手に入りにくい状況が続いていることから、食品添加物用の次亜塩素酸ナトリウムを、水道水で薄め次亜塩素酸水を作成しました。

高濃度の次亜塩素酸水は金属を腐食させたり、手が荒れたりすることががありますが、配布する次亜塩素酸水は低濃度で弱酸性のため、肌を痛めたりする心配はないと言います。

無料配布は1日4千リットル(8千人分)ですが、市では「十分な量を用意し、必要なら追加で配布日を設けたい」としています。

公式サイト:加古川市のHP
ウイルス対策には手洗いが効果的
最新情報をチェックしよう!